2017年11月24日

受験生の99%が陥っている重大なミスとは?

ここで興味深いお話をしましょう。

私たちは去年1年を通じて、受験生をメールサポートという形で徹底的に
アドバイスをしてきましたが、その中には2回以上の受験生や、すでに
スクールに通っている方、そして、通信教育などの教材を購入している方が
想像以上に多くいらっしゃいました。

ところが、一発合格を果たせずに、受験生活から
抜け出せない方には共通した重大なミスがあったのです。


それは何だと思いますか?


教材が悪いから?」

いいえ

市販されている教材は大手スクールが自社の信用と実績を背負って
作成しているため、いずれも非常に良く出来ています。


受験生の能力が低いから?」



いいえ

私は常々お話していますが、勉強に才能は必要ありません
人間誰しも持っている能力はほとんど一緒です。



受験生の意思が弱いから?」


それも違います
意思が弱いから挫折し、合格できないのではありません。
誰しも大きな目標を抱え、全力で行政書士試験に臨みます。
そのような方で意思の弱い方は1人もいません。



一発合格を果たせずに、受験生活から抜け出せない方には

共通した重大なミスがあります。


それは

自分の生活サイクルに勉強時間を上手に組み込めていない

ということです。
続きを読む
posted by 行政書士試験合格法 at 12:21| 受験生の99%が陥っている重大なミスとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受験生を圧倒的に突き放してしまうくらい、恐ろしく効率良いノウハウ

行政書士坂庭勉と申します。

sakaniwa02.jpg

今でこそ、行政書士としてバリバリ稼いでいますが、
私は先ほどご紹介したとおり、毎日死ぬ気で勉強して一発合格を果たしました。


極端な話、「これくらい死に物狂いで勉強しなければ、一発合格なんて
不可能なのではないか?」と思っていた1人です。あなたも行政書士 試験
過去問を解いて、同じように思ったことはありませんか?


しかし、私の知人の行政書士石井浩一という者がいます。

ishii02.jpg

私は彼の勉強法を聞いて、自分の耳を疑わざるを得ませんでした。


彼の勉強法は、他の受験生圧倒的に突き放してしまうくらい、

恐ろしく効率の良いノウハウだったのです。
【完全版】(働きながら)147日で受かった!残業サラリーマンの行政書士試験ラクラク勉強法


なぜなら、残業サラリーマンにも関わらず「わずか147日の勉強で行政書士試験に一発合格」してしまったのですから。

平日の勉強時間は、わずか2時間。しかも、ほとんどは移動中などの隙間時間。」と聞いて、彼の勉強方法驚かない人はいないでしょう

さて、ここから重要なお話に入ります。


彼は朝8時半から夜11時まで会社で勤務していました。
1日の労働時間14時間半の残業サラリーマン

ですので、平日の勉強時間がたった2時間です。


誤解しないでください。


この2時間は「机に向かって勉強した時間」

ではありません。「ほとんどは移動中などの隙間時間」です。


しかし、ラクラク行政書士試験一発合格してしまいました。


「どうせ何年も受験したんでしょ?」


いいえ、一発合格です。日数にすると147日です。


「さぞかし有名な資格スクールに通っていたんでしょうね?」


いいえ、全くの独学です。
続きを読む
新着メディア
RSS新着情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。